あわら温泉屋台村 湯けむり横丁 福井県  
 
 
 


〜あわら温泉について〜
日本海に面した福井県の最北端に位置するあわら市。120年以上の歴史を持つ「あわら温泉」を有するこの街は、関西の奥座敷と称され、北陸屈指の名湯の町としてその名を 広く知られています。

街には豪華なホテル、旅館が数多く建ち並び、その美しい日本庭園や露天風呂、あるいは海の幸をふんだんに用いたお料理などは、お客様にワンランク上の優雅さを感じさせてくれます。

芦原温泉では、お湯の共同管理を行わず、各旅館が温泉の井戸を持っていて、効能はリウマチ、神経痛、皮膚病などに効き目があります。

また周辺に永平寺や東尋坊、スキー場、ゴルフ場など多くの観光地、レジャー施設を有するこの一帯は北陸を代表する一大観光地とも言え、県内はもちろんのこと関西、中京圏からも、季節を問わず多くの方々が訪れています。



〜湯けむり横丁について〜
あわら温泉屋台村「湯けむり横丁」はえちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」のロータリーの前にあります。
(あわら温泉のど真ん中に位置します)

このえちぜん鉄道の駅舎は風情漂うレンガ作りで、ちょっとした異空間のようで、何とも言えずノスタルジックな気分にさせてくれます。

さて、赤ちょうちんで彩られた湯けむり横丁の入口をくぐると、昔懐かしい雰囲気を持つ屋台形式のお店がいくつも軒を並べています。
串揚げ、お好み焼き、焼き鳥、手羽先、餃子、ホルモン焼、ラーメンなど、それぞれのお店が自慢のメニューでお客様を迎えてくれます。

各店舗はそれぞれイスの数が9席程とさほど多くはありませんが、それだけに店主さんとの語らいなど、他ではみられないアットホームな雰囲気にあふれています。

観光で見えている方はもちろんのこと、地元の皆さん、女性客なども非常に多いようです。オリジナリティーあふれる美味しい料理はもちろんのこと、お店の方との楽しい会話も、その大きな魅力です。

地元の人と旅人の交流の場でもある屋台村で、気持ちのよい夜風を感じながら、美味しいひとときをお楽しみください。

あわら湯のまち駅舎

若い方の姿が目につきます
若い方の姿が目につきます

一歩中に入るだけで美味しそうな匂いが…
一歩中に入るだけで
     美味しそうな匂いが…